リハビリテーション新聞: 日本文化には最高のリハビリテーションが宿っている

ページ

日本文化には最高のリハビリテーションが宿っている




患者に体操を指導して継続できたケースはいるだろうか?私はない。何かを修得する時、わざわざ練習時間をとっていてはなかなか身につかないのだ。生活の一部にする必要がある。子どもであれば遊びの一部にする必要がある。日常の溶け込めば、どんどん成長して行く。


その点、日本文化は素晴らしい。日本食、箸、床生活、正座、和室、日本家屋、和式便所、文字、お盆、祭りなど。何をとっても世界一だ。なぜなら先人達の知恵が生活に落とし込まれているからだ。今日はそんな話をする。


さて、歴史というものは、言葉で遺しても、修正権を持つ人間に捏造される。「手に職を得るために手先を器用にしなさい。」という言葉を遺しても「職人になりなさい。」に形を変えるのが世の常だ。そこに先人達の真意はない。


そこで文化を残すことが重要になる。「手に職を得るために手先を器用にしなさい。」を遺したければ、箸を使う文化を残せばいい。「健康の為に足腰を鍛えよ。」を遺したければ床生活や和式便所を残せばいい。


「自然と共に生きなさい」を遺したければ日本食と日本家屋を残せばいい。「隣人や先祖を大事にしなさい。」を遺したければお盆や祭りや作法を残せばいい。そして、国を守りたければ文化的生活を保証すればいい。


詰まるところ、日本文化は精神と肉体を強く保つためにデザインされた最高の負荷なのだ。床に座って骨盤後傾しやすい場面でも、頑固親父が「骨盤を立てろ!」と指導してくれる最高の文化なのだ。


そして今日。この文化が潰されかかっている。真実を残した何代にもわたる先人達の魂が消えかかっている。現代人は虚偽の豊かさに魅せられ日本文化を軽視している。残念のことだ。文化的生活を営む生存権を犯す”違法”なこととも言える。


核家族、単身世帯、孤独死、孤食、子が産みにくい社会、冠婚葬祭やお見舞いにもいけない奴隷労働。気が付けばみんなバラバラ無縁社会だ。気が付かぬうちに盆、正月、深夜に買物をして文化を破壊していく。


歩けるのに機械を使い、健康管理をローカロリー科学調味料に頼り、和式便所を避けて洋式便所を使い、交流能力があるのにTVに頼り、自分で衣食住を完結できるのに安易にサービスを利用する。甘えて弱り切っている。


今の仕事をしていて感じること。それは、わずかな負荷で生活が破綻してしまうことだ。まさに自転車操業の人生・社会。あまりにも脆い。一度には戻れない。できることからはじめよう。社会をリハビリテーションしよう。


以上、弱化させたければ甘えさせ、強化したければ負荷をかければいい。でした。


H24.11.3 文化の日

<皆さまとの情報交換>
@yuumatan  文化の呟きは深いですね。スタッフの教育にも同じことが言えると思います。重要なことは、克服可能な危機を与えることで、日常が修練の場となることですね。
@2008pt はい。その通りです。職員や利用者の精神と肉体を強く保つための負荷をデザインするほどに日常に溶け込みますね。身近な例では、入浴記録に”骨突出部の発赤を確認して記録する欄がある”これも1つの負荷であり社風や文化の元だと思います。
 
@SakamasPT 今日のツイートは一段と面白かったです!文化を尊ぶことの大切さを再確認しました。  
 @2008pt はい。文化的な生活を略してはいけないと思います。
@0920miky: その通りですね。甘えるのがわがまま、自分勝手に変わるのがほとんどです。
@2008pt 不本意にも甘えさせる、甘えさせられる。悲しいことです。
 
@ren_ssk: いつもためになるツィートですね。安全と効率化のために安易に洋式の生活環境を提供しがちな自分ですが和式生活を再考して活かせるよう精進します。
@2008pt  高負荷課題として、自分や半健常者につかえますよね!
@dayore00fom: 今月から、地域医療を重視した病院へ実習に行くので、参考にさせていただいてます。納得のいく呟きばかりで、いつも感動してます!
@2008pt  実習でつかえないかもしれません。私だったら伝授しますが、私はキチガイですから。
@mgn33 東京でアスレティックトレーナーをしております。 連続ツイート大変興味深く読ませていただきました。 今後も楽しみにしております。
@uuron03 ケアマネという仕事でも、いかに環境を整えて、危険なく安楽に過ごせる為にと言いながら、利用者の持てる力を削いでしまっていると感じる事があります…

@yukookatani: 便利な物がない時代も、ある時代も経験して考える。「不便」より「便利=楽をする」に「リスクがある」のに気付かなかったと思う。便利を手に入れ失ったもの物は甚大。
  
不便な時は生活そのもので身体を動かしてた→今はウォーキングやスポーツが敢えて必要。  
不便や汚れ物や動きが悪い物はすぐ捨て新品に→体の働きが鈍く便利でなくなった人は施設で暮らす…ヒトは新品にはならないが経験は役立つのに。 
「 恵まれた自然」や自然と共生する「東洋的生活」やおかげを大切にする「人々の繋がり」の『中』にいて、気がつかなかった。それを脅威と感じた『外』の人に。欧米は気づいた。何故日本が追いついたのか。だから、全て壊したいのだ。